読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新聞の読み方教えます

新聞の読み方教えます。新聞を面白く読むためのニュースを紹介していきます。

【年間残業960時間が公認される理由】残業っつーか労働時間そのものを規制しろという話

www.tokyo-np.co.jp

これ頭の悪い僕には、理屈がよくわからなかったので、なんで抜け道なのかしっかり調べてみました。

 

www.sr-yamamoto-office.com

 

まず労働時間に時間については、36協定というものがあります。

36協定とは

労働基準法36条に基づく労使協定で、「さぶろくきょうてい」と呼ばれることが多い。会社が法定労働時間(1日8時間、週40時間)を超えた時間外労働を命じる場合、必要となる。労組などと書面による協定を結び、労働基準監督署に届け出る。届け出をしないで時間外労働をさせると、労働基準法違反(6カ月以下の懲役または30万円以下の罰金)となる(コトバンク

ということらしいですね。

時間外労働は届け出をしなさい!ということらしいですね。罰則付きのキッツイ規制です。これけっこうウヤムヤにしてる会社多いですね。

 

で、どうやら、時間外労働と休日労働は、異なるもののようです。なんと36協定は休日労働を規制していないのです。割り増し賃金を払うことになってますけどね。

 

なもんで、今回の残業規制も、36協定をベースに時間外労働の規制という話になったんでしょうが、結局、残業できないぶんを休日でカバーするという阿鼻地獄が爆誕する予感がしております。

 

 

Q8.休日をめぐってはどのような法規制がありますか。|労働政策研究・研修機構(JILPT)

 

いやいや、休日労働に規制がないとかアホなことはないだろう、と思って調べたら、ないわけではありません。

 

休日労働は、労働者との合意が必要ってのがポイントのようです。というか、労働義務が存在しない日らしいです。だから本当は会社からの電話なんて無視ってOKなんですけどね。

 

休日の会社からの連絡をブッチして、後日叱責⇒パワハラ訴訟なんていう素敵な展開がこれから起きたら面白いですがね。

 

時間外労働ではなく、労働時間そのものを規制したらどうなんでしょう。月80時間残業したら死ぬ!って言っているんだから、業界ごとの違いはさておき、人間としての共通性に主眼をおいて、バッサリ労働時間を規制したらどうでしょう。

 

その前に、サービス残業についてはCIAなみの情報網で、頑張れ労基署。