読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新聞の読み方教えます

新聞の読み方教えます。新聞を面白く読むためのニュースを紹介していきます。

【ビジネス・ブレイクスルーが大学院不適合】大学院なのに理論無視ってサラリーマンには最高じゃん

www.nikkei.com

 

日経新聞によると、著名コンサルタント大前研一氏が学長を務めることで有名なビジネスブレイクスルー大学大学院が、大学院として不適合との評価を受けたそうです。

 

意識高いビジネスマンのMBA取得をすすめてきた大学だけに、高額の費用を払ってMBAをとったビジネスマンの胸の内を察するに痛ましいかぎりです。

 

www.bbt757.com

今回不適合の評価をうけたビジネス・ブレイクスルーですが、全てが不適合とされたわけではありません。

 

でも、まさに虎の子のMBA過程が不適合との評価を受けたのです。

www.ohmae.ac.jp

ビジネスブレイクスルーのサイトでは、ロールモデルを探すということで、本名・顔写真つきの修了生検索ができるのですが、なかには穴があったら入りたい気分の人もいるような気がします。

 

「ビジネス・ブレークスルー大学大学院経営学研究科経営管理専攻 に対する認証評価」

http://www.juaa.or.jp/updata/evaluation_results/300/20170322_697909.pdf

今回、ビジネスブレイクスルーに不適合の評価をくだした大学基準協会の説明です。

 

これによると教育課程の編成に重要な問題があるとされていますね。日経は、教員との雇用契約について言及していましたが、教育課程の問題のほうが、とっても重要だと思います。

 

実務教育に偏重し過ぎ、理論教育が不十分で あり、経営系専門職大学院が果たすべき基本的な使命に対する『理論と実務の架橋 教育』が十分に行われていない

とのことですね。

あれ、これってむしろ理論なんて実務にいらねーよっていうビジネスマンには、好都合なカリキュラムじゃないんでしょうか。

 

とはいえ、僕は理論をもたないビジネスマンは、流されていくだけのむなしい存在だと思います。理論はルールをつくる力だと思っているからです。結局のところ、今回不適合とされたビジネスブレイクスルーは、使えるサラリーマンの育成塾にすぎなかったということなのでしょうか。