読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新聞の読み方教えます

新聞の読み方教えます。新聞を面白く読むためのニュースを紹介していきます。

【資産管理銀行の合併で380兆円の銀行誕生】プライベートバンクと混同するから用語を変えたほうがいいって

www.nikkei.com

2017年3月21日の日経新聞一面によると、みずほFGと三井住友トラストが、資産管理銀行を合併するそうです。

 

また新しい用語が出てきましたね。資産管理銀行とはなんのことなのでしょうか。

 

「資産管理専門銀行」を知る | 業務紹介 | 採用情報サイト | 日本マスタートラスト信託銀行株式会社

 

資産といっても個人資産ではないのです。年金基金のように、一国を動かす規模の資産が資産管理銀行の管理対象です。

 

聞きなれない言葉なのですが、信託市場の構成比では、資産管理業務が9割を占めています。その規模800兆円。

 

資産管理銀行を解説している上のサイトは、日本で初めての資産管理専門銀行「日本マスタートラスト信託銀行」のものです。管理資産363兆円。日本の国家予算の3倍です。

今回の合併で、これをさらに上回る380兆円規模の資産管理銀行が誕生することになります。

 

安倍内閣の三本の矢にともなって、ガンガン金融規制緩和がすすめられているわけで、GPIFもかなり自由に動き始めています。資産管理銀行は、これからの金融をみるうえでの重要なファクターになるのではないでしょうか。

 

books.rakuten.co.jp

 

今のうちにガッツリ勉強しておくといいかもしれません。6000円近くする恐ろしく高い本ですが、専門書が出ています。高い本だからこそ、あまり人は買わないので、知的資産において、他の人と差をつけることができますよ。

 

 

それにしても、資産管理銀行ってネーミングはなんとかならないんですかね。僕は無知だから最初はプライベートバンク部門を合併するのかなー、なんて思ってしまいました。

 

www.toushin-1.jp

 

プライベートバンクは個人資産を管理する銀行のことです。ゴルゴ13なんかが利用しているやつですね。

 

資産管理銀行の変わるネーミングを僕ならどうつけるか。「機関資産管理銀行」かな。うーん、あまりセンスがない。