新聞の読み方教えます

新聞の読み方教えます。新聞を面白く読むためのニュースを紹介していきます。

30歳になるまでもう少し

どういう文脈だったのかは忘れた。何気ない一言だった。

 

「俺らもいい歳なんだな」

 

自分で言った。漏れた本音だ。

 

年齢なんて関係ない。人生にレールはない。決めるのは自分だ。これらは本当にそうだろうか。

 

年齢は人生の残り時間を示す。残り時間1日と1年。やることは変わって当然ではないか。あるいは経過時間を示す。社会に出てから何が染みついたのか、30歳は振り返ってしまう節目だ。

 

人生にレールはないが流れはある。流れを逆行したり、流れのなかで立ち止まるのは、なかなかしんどい。流れは選べない。あまりにも透明だから。

 

決めるのは自分、と思っている人は、環境が自分にもたらす影響を軽視している。僕が30歳という年齢に慨嘆しているのも、今思うと、周囲が30歳になる前にライフイベントを迎えているからだ。このように何気なくとった行動を振り返る癖が僕にはある。ささいな幸せにも気がつくし、忘れがたい感覚も覚える。

 

焦る必要はない。わかっていても都会にいると焦ってしまう。背伸びしてしまう。不要な緊張をする。それは不愉快ではない。苦痛でもない。窮屈でもない。ただ忘れっぽくなるのが気になる。毎日のささいなできごとを激流のなかでも大切にしたい。もうすぐ夜明けの時間だ。